2014年11月30日 (日) | Edit |


伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術

この本はとても良い本です(と今なら思えます)。が、初心者向けではありません。
この本を買ったのが2013年の2月…。まだ裁量で株取引を始めたばかりで、システムトレードなんてものの存在も知らなかった頃に完全に間違えて買ってしまったので、開いてみて後悔。「なんで買ってしまったんだろう…こんな本を読めるようになる日なんてきっと来ないに違いない」と思っていました。でも、読めました!(ちゃんと読めたかどうか怪しい部分もあるけど。。)
とりあえず、「期待値」「ドローダウン」「シャープレシオ」「最適化」などの言葉に馴染みがある人なら(シストレをしている人なら)読めると思います。

私は3周ほど読みましたが、3回目になると、最近大事だなと気づいた事が…「あれ?ここに書いてあった!」という事がよくありました。本当に大事なことがたくさん書いてあります。ただ、1,2回目に読んだときにはサラーッと流してしまっていたので、、大事なことに気付くのって難しいんだな、と思います。私の場合はブログで読んだり教えて頂いたりしていたから気付けたと思います。
私が特に大事だなぁと思った部分をいくつか。
・掛け金の額を大きくすると、破産の確率が急に増大する
・最適化は役に立つ
・バックテストは将来何が起こりうるかを大まかに推測するものにすぎない
・堅固さの本質は多様性と単純さ
他にもありますが。後でまた読んだらもっと気付くのかもしれません。

あとタートルの資金管理でユニット・サイズという概念が出てくるのですが、これはイザナミでも設定できそうなので、今後順調に資金が増えて銘柄数を増やす事になったら取り入れてみたいなぁと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

広告
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可