2014年11月21日 (金) | Edit |

■手仕舞い
テックファーム 1,708円 損益+10,900円(0.88%)
OTS 473円 損益+5,000円(0.40%)
ノジマ 883円 損益-7,200円(-0.58%)
タカタ 1,158円 損益+2,500円(0.20%)

<保有>
なし

久しぶりにノーポジ。ほっ。

ところでSMBC日興証券で信用口座開設できたーv
逆張りは指値注文だし超薄利が多いので(500円とか…)、手数料が気になって移行。
使い勝手はどうかしら。ワンクリック一括発注支援ツール(最近使い始めた)を使えば大丈夫かな。


(。・"・。)
アンパンマンのキャラ顔のパンのおもちゃがあるんだけど、いつもバイキンマンパンを食べるマネをしたときは「まずい~」とリアクションしていたら(そうすると喜ぶ)、ニコニコしながら「ママこれまずいよ~、ためて(食べて)~」と言うようになった。。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

広告
コメント
この記事へのコメント
No title
はじめまして、キールと申します。
今後ともよろしくお願いします。


自分もSMBC日興証券を使ってますが、使い勝手はもう1つですね。
3つ理由がありまして、
①レバレッジの最大が他の証券会社より低い事
②預かり金と保証金が別管理な事
③信用取引が使える銘柄が限られている事

です。


①については、高レバレッジの戦略でなければ影響はないとは思います。

②は損失が発生した時が難点で、信用取引の損失は預かり金から引かれます。
そのため、預かり金にも少しお金を置いておく必要があります。
一応預かり金から引けなかった時に、保証金の方から預かり金に自動で振替を
してくれるみたいですが、口座の状況次第では行わない場合もあると書いてあり
自分で管理した方が無難かなと思います(^^;)

③は一番ネックで、他の証券会社に比べて信用取引を使える銘柄が少ないです。
現物取引だと手数料が高いので、信用取引が使えない銘柄は別の証券会社の使用がオススメですね。

ワンクリック一括発注を使う時に注意なのですが、発注順序が
信用取引で発注→(信用取引で発注できなかったら)現物取引で発注
の順に行います。
ここで②が絡んでくるのですが、損失用に預かり金にお金を置きすぎると
手数料の高い現物での発注ができてしまうことがあります(^^;)
なので、少なすぎず多すぎずで数万円程度が良いのかなと思います。

またテクニックとして、ワンクリック発注で日興証券で購入できなかった銘柄
(失敗と表示された銘柄)は、タブで別の証券会社を選び再度発注すると、
日興証券で発注できなかった銘柄のみを発注してくれるので便利です(^^)

長文・乱文失礼しました。
それでは~。
2014/11/22(Sat) 00:20 | URL  | キール [編集]
Re: No title
キールさん、初めまして。
こちらこそよろしくお願いいたします!

SMBC日興証券について詳しく教えて頂いてありがとうございます~!(書いててよかった…!)
銘柄が限られているというのは噂で聞いて知っていたのですが(なのでライブスターにもお金を残しました)、預り金にもお金を置いておくというのは全く知りませんでした(ちゃんと読んで無いのがダメダメですね…)。現物の手数料は高いので使うことは無いだろうと、はりきって全部保証金に入れてしまっていました…。さっそく預り金に数万戻しておきました。どうもありがとうございます~(^^;

ワンクリック一括発注って、かなり便利ですね!
最近使い始めてあまりのラクさに驚いていたのですが、失敗の銘柄を別の証券会社で再発注もできるとは…!
なんだか普通の発注の仕方を忘れてしまいそうです(笑)

詳しく教えて頂いて本当にありがとうございました!(^^)
2014/11/22(Sat) 00:37 | URL  | trademam [編集]
おはようございます。
キールさんが詳しく説明してくださっているのでこれで完璧と思いますが、1点だけ補足しますね。

信用銘柄制限についてですが、東証の信用規制で例えば新規売り禁止(売り禁)や新規買い禁止(買い禁)などが入ると基本的にはどこの証券会社も制度信用取引による新規建てが出来ません。ただ一般信用取引や松井証券のような一日信用取引ではあるいは可能なところがあるかもしれません。こういう信用規制銘柄は売り禁なら新規の買い方しかいない状態、買い禁なら(普通同時に売り禁になっている)信用取引そのものがない状態、の銘柄であることになります。つまり普通の状態に比べてボラティリティが大きくなっていることを覚悟の上トレードする必要があります。
さて東証の信用規制にはその前段階の増担保規制があります。これは信用取引が多くなり相場が過熱しているので東証が「もっと証拠金を積まないと信用取引させないぞ」という意味合いのものでこれは東証からの警告のようなものです。この場合他の証券会社は証拠金は多く必要となりますが取引は可能なところがほとんどなのですが、日興証券だけは即座に新規での信用取引が不可になります。これもそういう銘柄は乱高下することが多くなりがちなので、それを覚悟の上で他の証券会社を使うということになります。現物取引はキールさんもご指摘されていますが、手数料が高く止めたほうが良いかと思います。
2014/11/22(Sat) 07:35 | URL  | ham [編集]
Re: おはようございます。
hamさん、ありがとうございます!

信用取引はまだあまり経験がないので、とても参考になります!
日興証券でも他の証券会社でも、売り禁や買い禁になるような銘柄はリスクが高いんですね。注意しようと思います。
増担保規制の意味などもあまりピンときてなかったので、勉強になりました。
詳しく教えて頂いて、ありがとうございました!
2014/11/22(Sat) 13:37 | URL  | trademam [編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可