2013年06月08日 (土) | Edit |



「バイオはこれから良いんじゃない?」という夫の言葉で、前に買い逃して悔しかった覚えのある銘柄に手を出した。翌日翌々日は陰線だったけれど下値を切り上げているしボリンジャーバンドの中を上に向かっているように見えたので保持。不安定な地合だったのだからあまり長く持たず、その翌日の陽線の日に売ればよかったのに、欲張ってしまった。。で、さらにその翌日は長めの陰線。本当はその翌日の寄りで売るべきだったのだけど、またしても「そんなはずは…」と何故か強気で保持してしまったので投げるのが一日遅れて被害拡大。
長めの陰線が出たらすぐ逃げること。特に地合が悪いときは長く持たない。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

広告
2013年06月08日 (土) | Edit |



RSIが底を打った後の陽線が気に入って、引けで買い。翌日陰線になってしまったので、翌々日の寄りで投げるべきだったのに、「そんなはずはない」と何故か強気になってしまい、投げるのが一日遅れたせいで被害が拡大。予想が外れたらすぐに撤退すること。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

広告
2013年05月18日 (土) | Edit |

0006.jpg

全体的に下げていた日に買ったので、買いポイントは上々。
手仕舞いは最悪。含み益がだんだん減っていくのに耐え切れず、寄りで投げた当日に陽線になった…という。
途中で強い陽線が出た日があったので、そこの引けで売っておけば利益も効率も良かったなぁ。
教訓としては…、強すぎる陽線になった日はとりあえず売り、と。あと、こんな難しい動きをする銘柄にはそもそも手を出すべきじゃなかったかも。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

広告